スーパーカー:日産

55.jpg115d7ca8b2a.gif020.jpg

従来のGT-Rは『スカイライン』の特別モデルという位置付けであったが、新生GT-Rは日産の技術力をフルに発揮し、日産のテクノロジーフラッグシップに進化した。日産自ら「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」と明言するだけあり、国産車の常識を覆す高性能を実現している。

日産GT-Rの開発を取りまとめた水野和敏さんは「日産GT-Rはサーキットはもちろん、アウトバーンのような公道でも300km/hで走ることができる実力をもった日本初のスーパーカーです。さらに、GT-Rの最大の魅力は、この高性能を誰でも、いつでも、どこでも味わっていただけることです」

「性能についての妥協はいっさいしていませんが、日常的な扱いやすさや雪道での走行性能もしっかりと確保していますし、300km/hで走っていても助手席の人と会話ができる、高速安定性と静粛性を実現しています」

「この性能を実現するためにGT-Rはボディからエンジン、トランスミッション、タイヤに至るまですべてを専用開発しました。この開発が実行できたのもカルロス・ゴーンCEOのバックアップがあったからです」と話す。

実際に専用の3.8リットルツインターボは国産量産車最強の480psを発揮し、さらにクラッチやミッションなどを車両後方に配置する、独立型トランスアクスル4WDを採用している。トランスミッションも6速MTをベースとした2ペダルのデュアルクラッチミッションを新開発している。(引用)

エンジン:3.8L V6 DOHC ツインターボ 480ps 60kgm 
全長:4655mm
全幅:1875mm
全高:1370mm
車両重量:1740kg
価格777万円〜835万円

Nissan GT-R



写真は鈴鹿サーキットにて行われた2008年型SUPER.GT/GT500仕様のNISSAN GT-Rのシェイクダウンの模様。
.[1]リヤサイド
動画提供/凡才さん ありがとうございました^^




和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:Gumpert

創立者のRoland Gumpert氏は、かつてアウディで働いたドイツ人。彼はアウディクアトロを25の世界ラリー選手権優勝と4つのWRCタイトルに導いた男。

写真は「Apollo」。2006年のジュネーブモーターショーでデビューしたスーパーカー。乗り降りはハンドルを外さなければならなく、見た目も中身もレーシングカーそのもの。
apollo06_08.jpggumpert_apollo_08102_0001_01_02_30.jpggumpert_apollo_08102_0001_01_02_03.jpg

エンジン:アウディ製V8 4200cc ツインターボ 650ps 87kgm
全長:4460mm
全幅:1998mm
全高:1105mm
車両重量:1450kg
価格:本国では269500ユーロ(2006年時:円換算で約4500万円以上)

Gumpert Apollo


posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:チゼータ

クラウディオ・ザンポーリ (Claudio Zampolli) が創始者。彼は、アメリカでのスーパーカー販売に成功し、1980年代前半にイタリアのモデナに「チゼータ・モロダーSRL」を設立。チゼータという名の由来は、ザンポーリ氏のイニシャル「C・Z」のイタリア読みである「Ci・Zeta(チゼータ)」から来ている。

チゼータは世界的なバブル崩壊の影響を受けたことなどにより、わずか数台のV16Tを生産し、会社は一度倒産した。その後2003年に彼らは、カリフォルニアで再び「チゼータ オートモービル USA(Cizeta Automobili USA)」を設立し、現在はV16Tの受注生産などを行っている。

写真は「V16T」。名前の由来は、V型16気筒エンジン・・既存のV8エンジン2基を改良し合体させたもので、これをミッドシップに横置きでレイアウト。このエンジンと縦置きのトランスミッションを組み合わせると「T」字型になることから。
front.jpgrear.jpgチゼータ.jpg

エンジン:6,0L V16 DOHC 560ps 55kgm
全長:4440mm
全幅:2050mm
全高:1115mm
車両重量:1700kg
価格:8800万円(1989年発表時)

Cizeta-V16


posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ヴェンチュリー

MVS(Manufacture de Voitures de Sport)・・フランス語で「スポーツカー製造会社」というフランスの少量生産スポーツカーメーカーが設立されたのは1974年。'91年に突然巨大な資本投資を受けて組織そのものが拡大され、それを機に社名をヴェンチュリーに改めた。

写真は「チャレンジ400」。限定75台の希少なスーパーカー。
z85211070887719.jpg024_2.jpgヴェンチュリー.jpg

エンジン:3.0L V6 DOHC ターボ×2 400ps 49kgm
全長:4120mm
全幅:1990mm
全高:1170mm
車両重量:1050kg
価格:2300万円(1993年当時)

※動画は捜索中です。


あなたに合ったローン商品がすぐ分かる!価格.comカードローン比較
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:アストンマーチン

イギリスのアストンマーチン・ラゴンダ社の乗用車ブランド。007シリーズのボンドカーにV12ヴァンキッシュやDBSが登場したことでも有名。社名の「アストン」はしばしばヒルクライムで勝利を得た地名アストン・クリントン村のアストン・ヒルから、「マーチン(マーティン)」は創業した技術者の人物名である。

写真は「ヴァンキッシュS」。アストンマーチン社のフラッグシップスポーツカー。アストンマーチン史上最速の車種である。
as024.jpga0229c.jpg04.jpg

エンジン:6.0L V12 DOHC 520ps 42.5kgm
全長:4670mm
全幅:1920mm
全高:1330mm
車両重量:1875kg
価格:2750万円(新車)

VanquishS Vs F575


写真は「DBS」。「V12 ヴァンキッシュ」に代わる新たなフラグシップモデル。同社が持てる技術の粋を結集して開発したという自信作で、ロードカー「DB9」とレーシングカー「DBR9」との間を結ぶ、ハイパフォーマンス・ロードゴーイングモデルに仕上がっている。
数々のレースによって磨き抜かれた技術の粋を結晶させた2シータースポーツカー。オープンロードはもちろん、サーキットのような曲がりくねった山道でも最高のハンドリングとコントロール性能を発揮し、快適なドライビングを可能にするという。
イギリスのウォーリック州ゲイドンにあるアストンマーティンの本社工場で組み立てられる。
DBS F.jpgDBS.jpgDBS in.jpg

エンジン:V12 DOHC 5935cc 517ps 58.1kgm
全長:4721mm
全幅:1905mm
全高:1280mm
車両重量:1695kg
価格:3276万円(2007年発表時)

DBS





ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュアル−岡崎よしあき(おず)

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:フォード

フォード・モーター・カンパニーは世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、米国ミシガン州本社を置く自動車メーカー。

写真は「GT」。1960年代にル・マン24時間レースなどで活躍したレーシングカー「フォード・GT40」のリメイクであり、フォード100周年を記念して限定1500台がフォードと関係の深いサリーンの工場で2006年まで生産されたスーパーカー。
0.jpg15.jpg8.jpg
エンジン:5.4L V8 DOHCスーパーチャージャー 550ps 69.0kgm
全長:4643mm
全幅:1953mm
全高:1125mm
車両重量:1568kg
価格は約2500万円〜(新車)

Ford GT


Ford GT




■激安価格【メルマガブートキャンプ】全てのメルマガノウハウを超越した!月100万超えトップアフィリエイターの頭脳をあなたにインストール【今なら音声解説4時間半付き】*読者1万人プロジェクトへの参加権も

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:サリーン

アメリカカリフォルニア州の自動車製造メーカー。主にフォード社の車のチューニングを手がけ、またその車を駆ってアメリカのモータースポーツシーンで活躍。

写真はS7ツインターボ。GTレースカーの『S7R』のロードゴーイングバージョン。2000年8月、ラグナ・セカで披露されたオリジナルスーパーカー「S7」によって、サリーンはコンプリートカーメーカーとしても認知を広めるに至っている。タレントの木村拓哉の愛車でもある。

「S7」をオーダーすると、開発・製造を行なっているアーバインのファクトリーに2日間招待をされる。そこで「S7」の製造工程を肌で感じながら隅々までオーダー。ボディ/内装カラーは実車を見ながらオーダーをし、各ペダル類のセッティングやシート形状、ポジションも体型に合わせて寸法取りする。他にも豊富に用意されたオプションリストから、様々な仕様を作り上げることが可能。例えば、ノーマルエンジンの750hp仕様に加え、850hp仕様、さらにオプション追加予定の1000hp仕様と、バリエーション豊かな用意がある。他にもル・マンエアロパッケージや詳細な各部のセッティング等をオーダー可能となっており、世界で1台の特別な車を作り上げることが可能。そのプロセスはまさにオートクチュールそのもの。
saleen_s7.jpg01.jpg03.jpg

エンジン:7.0L V8 OHVツインターボ 760ps 96.8kgm(2005年〜)
全長:4774mm
全幅:1981mm
全高:1041mm
車両重量:1247kg
価格は8925万円(新車)

Saleen S7


Saleen S7

posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:パガーニ・ゾンダ

パガーニ・アウトモビリ社というイタリアの機械工業の開発によるスーパーカー。

写真はC12。「ゾンダ」は南米に吹く風、「C12」のCは愛妻クリスチーナの頭文字、12は創始者ホラチオ・パガーニにとって12台目のミッドシップ・プロジェクトを意味する。
Zonda.jpgZonda-02.jpgZonda-03.jpg

エンジン:V12 DOHC 7.3L 650ps 79.59kgm
全長:4430mm
全幅:2055mm
全高:1141mm
車両重量:1230kg
価格は約7800万円。

Pagani Zonda F




ほったらかし資産サイトで"ザクザク稼ぐ!"資料請求アフィリエイトパーフェクトマニュアル!

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ブガッティ

伝統はあるのだが、いろいろ波乱な歴史を送ってきた自動車メーカー。

写真は「ヴェイロン16.4」。16.4の由来は、エンジンがW16気筒で4ターボチャージャーだから。1001馬力、最高速407km/hの究極のスーパーカー。限定300台。

新車を実際に購入するにはヴェイロンを所有するに相応しいか否か(購入し維持し続けられるほどの所得があるか、公序良俗に反するなどアンダーグラウンドの職業に就いていないか等)審査が行われた。日本からの場合、代理店であるニコルレーシングが顧客の情報を調べ、相応しいと判断されたら職業や年収などの個人情報がブガッティ本社に送られ、そこでさらに審査された。これらの審査を通過した者のみが購入できた。約5千万円の予約金を支払うと、航空券(ファーストクラス)を伴った招待状が届き、ブガッティ本社へ招待される(日本で、日程等合わせる為の事前の打ち合わせがある)。そこで車の内外装、他オプション等を決め、シートの形状、サイズ、位置などオーナーに合わせ、ブガッティ社の用意したテストコース(サーキットや公道など)で試乗をし、納車までの間に残りの金額を支払い最終的に納車となる。本社に行かずに日本で仕様を決めることも可能であるが、その場合は試乗ができない。
1.jpg2.jpg3.jpg

エンジン:8.0L W16 クワッドターボ 1001PS 127.5kgm
全長:4466mm
全幅:1998mm
全高:1206mm
車両重量:1888kg
価格は1億9900万円(新車)

Bugatti Veyron vs EuroFighter Typhoon


写真は「EB110 GT」。ブガッティの創立者であるエットーレ・ブガッティの誕生からちょうど110年目の1991年に発表されたスーパーカー。車名はエットーレ・ブガッティのイニシャルEBと生誕110年の110をとって付けられた。
1992年、エンジンの出力を向上し、車体を軽量化・デザインを一部変更した「EB110 SS」を追加。「SS」とは「Super Sports」の頭文字である。
2007-06-15_18_Bugatti_EB_110_%28bearb_-_kl%29.jpgEB110.jpgEB110in.jpg

エンジン:3.5L V12 4ターボ DOHC 560ps 62.3kgm(SS:611ps 66.3kgm)
全長:4400mm
全幅:1960mm
全高:1125mm
車両重量:1620kg(SS:1570kg)
価格:6450万円(1992年発表時)

Bugatti EB110




ずばっ!予想ロト6

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:マセラティ

イタリア・モデナの自動車メーカー。「マセラティ」自体日本ではセダンのクアトロポルテ(4枚ドアの意)を時々街で見かける程度。

写真は「MC12」。そのままCカーにナンバー付けたような公道モンスター。ボディカラーは「Bianco Fuji」と呼ばれる、マセラティブルーとホワイトのツートンカラーのみしか存在しない。このボディカラーのネーミングは、日本の富士山に由来している。
IMG_1535.jpgMC12-02.jpgC12.jpg

エンジン:6.1L V12 DOHC 632ps 66.5kgm
全長:5145mm
全幅:2095mm
全高:1205mm
車重:1335kg
価格は約1億円(新車)

Maserati MC12




【沼倉×インフォ侍】◆ブログアフィリエイト最終奥義◆超爆裂!大逆転アフィリエイト

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:マクラーレン

1963年にブルース・マクラーレンにより設立されたイギリスのレーシング・チーム。レースチームの会社としての正式名称はマクラーレン・レーシング。

写真は「マクラーレンF1」。1990年に設立されたマクラーレンカーズにより開発されたスーパーカー。前席は中央に運転席のみ、後部に2座席というきわめて稀な座席レイアウトを持つスーパーカー。自動車史上空前絶後のスポーツカーを目指し、ブラバムやマクラーレンで一時代を築いた超一流のF1マシーン設計者ゴードン・マーレイが手掛けた超弩級ハイパースポーツ、正に20世紀スポーツカーにとって一つの到達点ともいえる。
250px-1996_McLaren_F1_open.jpg016_2.jpgMcLarenF1_cockpit01.jpg
エンジン:6.1L V12 DOHC 627ps 66.3kgm
全長:4,287mm
全幅:1,820mm
全高:1,140mm
車両重量:1,140kg
価格は約1億円(新車)

McLaren F1




ど素人が今日から始めても片手間で月収158万稼げる真・メルマガアフィリ 稼げるまで二人三脚 だから安心

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:メルセデス・ベンツ

セレブと言えばベンツ。ベンツと言えばセレブの代名詞的ブランド。ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラーの一部門であり、乗用車・バス・トラックのブランドでもある。「メルセデス」はスペイン語で『慈悲深い人』という意味。

写真はSLRマクラ−レン。モータースポーツの最高峰F1でコラボレートするメルセデス・ベンツとマクラーレンが作り上げたスーパーカー。
17.jpg16.jpgSLR.jpg

エンジン:5.4L V8 スーパーチャージャー 626ps 79.5kgm
全長:4656mm
全幅:1908mm
全高:1261mm
車両重量:1768kg
価格は約6000万円(新車)

Mercedes SLR Mclaren



写真は「CLK-GTR」。1997年度のFIAGT選手権で勝利を得るためにAMG、ダイムラーベンツ社により開発されたスーパーカー。 レギュレーション上、レースでの公認を得るために開発・発売された車両は ロードゴーイングVerとよばれ、各種保安装置・エアバック・ABSなどの装備を得て公道を走れるレーシングカーとして25台のみが生産された。 公道を走るための車両として生産された車両であるが、正確にはレーシングカーとして設計された車両を公道Verとして再構築しているため内装のダッシュボードまわり・ステアリングエアバック以外はレーシングカーそのもので、一般の市販車とは明らかに異なる硬質な雰囲気を漂わせている。スーパーカーというよりほぼレーシングカーである。
clk-gtr-6[1].jpgmercedes_benz_clk_gtr_coupe-17.jpgmercedes-benz_clk_gtr_03454_0020_03_01_03.jpg

エンジン:V12 6898cc DOHC 612ps 80.5kgm
全長:4855mm
全幅:1950mm
全高:1100mm
車両重量:1000kg
価格:現在相場約1億6500万〜

Mercedes CLK GTR




伝説の独立起業商材再登場! 素人が1年で半永久的収入2700万を稼ぎ出す! 脅威のリアルビジネス!(副業可)

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ジャガー

ジャガー・カーズ(Jaguar Cars)はイギリスの自動車メーカーで、フォード・グループに属する。高級車とスポーツカーを中心に製造している。セダン(XJ)クラスはイギリス王室御用達。

写真はXJ-220。車名の由来、"XJ-220"は最高速指標が220マイル/h(352km/h)だったことに由来。発売当初は億のプライスがついた。
250px-JagXJ220.jpg800px-Jaguar_XJ220_hr_silver_TCE.jpgXJ220.jpg

エンジン:3.5L DOHC V6 ツインターボ 542ps 65.7kgm
全長:4930mm
全幅:2220mm
全高:1150mm
車両重量:1350kg
中古車相場:2500万〜

Jaguar XJ220



写真は「XJR-15」。ベースは88年のル・マン優勝車ジャガーXJR-9。シートがスライドしない・インターコム(ヘッドフォーン)を着けないと会話が出来ない・スーパークロスミッション・温まると半クラが使えない、などある意味でもスーパーな車。
Xjr15.jpgjaguerXKR15.jpgXJR15.jpg

エンジン:6.0L V12 DOHC 450ps 58.0kgm
全長:4800mm
全幅:1900mm
全高:1100mm
車両重量:1050kg
価格:約2500万〜(中古市場)(新車当時約1億円〜)

Jaguar XJR-15




神「Sin」とFP王の為替で資産10倍計画【真FXパーフェクトマニュアル】

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ポルシェ・ゲンバラ

ドイツの自動車製造会社。高級スポーツカーとレーシングカーを専門に開発・製造し、1963年から発売・改良を繰り返されてきているカエル顔の「911」が印象的。

写真は「カレラGT」。性能はGTカーそのもの。「軽量化+低重心+高剛性=最適な走行性能」というテーマで、レースに勝てるレーシングカーを基本にしながらも、実用性を併せ持つ車として開発された。限定1500台。
0025.jpgカレラGTリヤ.jpgカレラGT.jpg

エンジン:5.7L DOHC V10 612ps 60.2kgm
全長:4,631mm
全幅:1,921mm
全高:1,166mm
車両重量:1,380kg
相場は約6000万円〜(2005年デビュー時:日本円で約4500万円)

porche carrera GT



写真は「ゲンバラ・ミラージュGT」。ゲンバラは1979年に設立されたドイツのチューニングメーカー。創立したのはウーべ・ゲンバラ。RUF、9ffとともにポルシェのチューニングを得意とする。

「ミラージュGT」はカレラGTをベースとした21世紀のゲンバラ製スーパーカー。2006年春にドバイの顧客からのオーダーで製作をスタートした。
gemballa_mirage_gt-3.jpggemballa_mirage_gt-4.jpggemballa_mirage_gt-13.jpg

エンジン:V10 5733cc 680ps 62.5kgm
価格:ドイツ本国内での発表は229800ユーロからスタート(円換算は約4000万円)

Gemballa Mirage GT



Gemballa Mirage GT



写真は「911(966)GT1」。限定20台。(詳細を募集しています。)
porsche911GT1.jpgporsche911GT1リヤ.jpgporsche911GT1インテリア.jpg

エンジン:3.2L DOHC ツインターボ 544ps 61.2kgm
全長:4710mm
全幅:1980mm
全高:1173mm
車両重量:1250kg
価格:100万USドル〜($1=115円として1億1500万円以上)

Porsche 911 GT1,GT2, andGT3







壊れたポルシェを買えば維持費もかかります。
通常、質実剛健なポルシェは、きちんと整備されることを前提に設計されているのです。

続き>>>
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ランボルギーニ

ランボルギーニは、フェラーリとともに知名度が高いイタリアのスーパーカーメーカー。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ。1999年以降、独フォルクスワーゲングループに属する。

写真は「レベントン」。ランボルギーニの12気筒モデルがもつすべての技術と性能が注ぎ込まれた超1級スーパーカー。シュテファン・ビンケルマン社長兼CEOは、「レベントの技術ベースは『ムルシエラーゴLP640』だ。そのDNAを圧縮して濃縮したのがレベントンなのだ」と説明している。レベントンの名前は1940年代にドン・ロドリゲス家が所有していた闘牛の名で、1943年に闘牛士フェリックス・グスマンを死に至らしめたことで有名。限定20台。
レベントン.jpgレベントンリヤ.jpgレベントン内.jpg

エンジン:6.5L V12 650ps 67kgm
車両重量:1665kg
価格:1億5700万円(税抜き;2007年発表)

Lamborghini Reventón



写真は「ムルシエラゴ」。カウンタック、ディアブロに続くフラッグシップスーパーカー。車名の由来は、過去のランボルギーニ車の伝統にならい、闘牛士に剣で刺されても死ななかった伝説の闘牛の名前である。
06.jpgzoom@0000016663_WT2_0396.jpgムルシエラゴ.jpg

エンジン:6.2L V12 DOHC 580ps 66.3kgm(LP640:6.5L V12 640ps)
全長:4,580mm
全幅:2,045mm
全高:1,135mm
車両重量:1,650kg
相場は約2270万〜(LP640(e-gear_6.4) 3470万円:新車)

Lamborghini Murcielago LP 640



写真は「ガヤルド」。過去に存在したベビー・ランボルギーニのポストを継ぐモデルとして発表。18世紀スペインの闘牛ブリーダー(飼育家)であるフランシスコ・ガヤルドから取られている。イタリア警察高速隊のパトカーとして2004年5月に採用されている。日常性を向上させる目的で、ランボルギーニ伝統ともなっているガルウイングドア(※1)は採用されず、通常の車と同じく横に開くタイプになっている。※1)正確には「ポップアップドア」、俗に「ランボドア」。ガルウィングはデロリアン(バック・トゥ・ザ・フューチャーでおなじみ)・マツダAZ-1等。
02_l.jpg03_l.jpgガヤルド.jpg

エンジン:5.0L V10 DOHC 500ps 52.0kgm
全長:4300mm
全幅:1900mm
全高:1165mm
車両重量:1430kg
価格:約2000万〜2500万円(新車:グレードによる)

Lamborghini Gallardo



写真は「ディアブロGT」。世界中で大ヒットを博した70〜80年代の名スーパーカー「カウンタック」の後継車種。車名のディアブロの意味は「悪魔」。伝説の闘牛(Fighting Bull)の名前。1990〜2001年までにVT・SV・GT・6.0等排気量・馬力・仕様・デザインの違う様々なグレードが発表された。ディアブロの後期モデルのヘッドライトはZ32型日産・フェアレディZのライトを流用。
DiabloGTフロント.jpgDiabloGT.jpgディアブロGT.jpg

エンジン:V12 6.0L DOHC 575ps 64.2kgm
全長:4430mm
全幅;2040mm
全高:1115mm
車両重量:1460kg
価格:4150万円(2000年時新車)

Lamborghini Diablo GT



「カウンタック」。1974〜1990年までにLP400/LP500/LP400S/LP500S/クアトロバルボーレ等約2000台が生産された。LPとはLongitudinale Posteriore(ミッドシップ縦置き)、[400][500]は10倍でそれぞれの排気量を示す。Countachはピエモンテ州の方言で、クンタッシッという「驚き・かっこいい」を表す感動詞。第1次スーパーカーブームの中心的存在。

写真は「25thアニバーサリー」。ランボルギーニ25周年モデル。25thアニバーサリーは、カウンタックの各モデルの中で最大となる657台を生産した。本モデルがカウンタックの最終モデルとなり、1990年に生産を終了。後継車種のディアブロにフラッグシップモデルの座を譲り渡した。
z82551070781335.jpgp82551070781335.jpgカウンタックアニバ.jpg

エンジン:V12 5200cc 455ps 51.0mkg
全長:4200mm
全幅:2000mm
全高:1070mm
車両重量:1680kg
価格:中古車相場約2000万円







【毎朝3分!FX For A Miracle】ポンド円版

【毎朝3分!FX For A Miracle】ドル円版

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:フェラーリ・ケーニッヒ

フェラーリは知らない人はいないくらい有名なスーパーカーメーカー。スーパーカーと言えばフェラーリ、フェラーリと言えばスーパーカーというくらいイメージは強い。
エンツォ・フェラーリが設立したイタリアの自動車会社、及びF1のコンストラクター。フィアットグループの傘下。基本的に高級GTカー及び高級スポーツカーしか製造していない。


写真は「エンツォ・フェラーリ」。創業55周年を記念して製造、販売したスーパーカーである。創始者の名前をとって「エンツォ・フェラーリ」と名づけられた。限定399台。
fb4.jpgq_020909ap08b.jpgエンツォ.jpg

エンジン:6.0L V12 660ps 67kgm
全長:4702mm
全幅:2023mm
全高:1147mm
車両重量:1365kg
相場は1億円〜。

Ferrari Enzo



写真は「F50」。フェラーリF40の後継車種であり、1995年に創設50周年を記念して発売された。開発コンセプトは「公道を走るF1」。カーボンコンポジット製のセンターモノコックにエンジンをストレスマウント化(剛結・ボディへ直にボルト止め)し、F1マシンそのままの高剛性な車体構成を公道を走る車として初めて採用した、まさにF1マシンそのものである。349台が生産された。
F50.bmpCIMG4954.jpgF50インテリア.jpg

エンジン:4.7L V12 DOHC 520ps 48.0kgm
全長:4480mm
全幅:1986mm
全高:1120mm
車両重量:1230kg
価格:新車で5000万円だが、現在中古でも5000万円以上で取引されている。

Ferrari F50



写真は「F40」。創業40周年を記念モデル。発表当時、世界的な好景気の影響から各国のフェラーリ正規代理店にオーダーが殺到する異例の事態となり、日本では当時バブル経済の真っ只中にあったためプレミアが付き、一時は2億5千万円で取引されたこともあった。このように異常に高い価格で取引されたことから、走る不動産とも呼ばれた。
当初製造予定は350台ないし400台であったが、フェラーリ社は殺到するオーダーを鑑み急遽増産することで対応。結局1992年の生産終了までに1311台が生産された。フェラーリの中でもっとも人気のあるスーパーカー。
F40.bmp無題.bmpF40インテリア.gif

エンジン:V8ツインターボ 2936cc 478ps 58.8kgm
全長:4430mm
全幅:1980mm
全高:1130mm
車両重量:1230kg
価格:4650万円(新車当時)中古車市場は約3500万円〜。

Ferrari F40



「ケーニッヒ(Koenig Specials)」は、1974年にウィリー・ケーニッヒによって創業されたドイツに本部を置く車のチューニングメーカー。 チューニングするメーカーは主にBMW、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ランボルギーニである。 チューニングだけでなく、内外装のドレスアップも手掛ける。 ケーニッヒ仕様の特徴はブリスターフェンダー等による迫力のあるフェイスアングルで、レースの世界でも高い評価を得ている。

写真はテスタロッサベース「コンペティション(闘争)」。テスタロッサベースは84年〜92年までに「TwinTurbo 710ps」「Competition 800〜1,000ps」「Competition Evolution 1,000〜1,200ps」「コンパーチブル」が発表された。
KOENIG Competition.bmpKOENIG Competition rear.bmpKOENIG Competition in.bmp

エンジン:水平対向12気筒DOHC48バルブ ツインターボ+スーパーチャージャー 4942cc 1,000ps 102.0kgm
全長:4532mm
全幅:2160mm
全高:1140mm
車両重量:1200kg(レーシングバージョン:推定値)
価格:2500万〜(中古車市場)※バブル期は1億円以上

KOENIG Competition Evolution




200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX


>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ダッジ

ダイムラー・クライスラー社のクライスラー部門に属するアメリカのブランド。販売の78%をトラックが占めている。

写真は「バイパーSRT-10」2008年モデル。エンジンはピックアップトラック(ダッジ・ラム)につまれていたものをランボルギーニがチューン。初代デザインは日本人。ナスカーなどの競技用車種として用いられていることでも有名。コーナーアベニューの工場で1台1台ハンドメイド生産。スーパーカーかスポーツカーか意見の分かれる存在。
15-09.jpg15-07.jpgバイパー.jpg

エンジン:V10 OHV 8400cc 600ps 56.0kgm (2008年〜)
全長:4459mm
全幅:1910mm
全高:1210mm
車両重量:1565kg
価格:詳細未定(約1200万〜)

Viper SRT10




お昼ごはんも食べられないほど忙しいサラリーマンが、会社を辞めずに片手まで毎月30万円を稼いでいる携帯アフィリ成功法


>>この商材をレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:シボレー

アメリカ、ゼネラルモーターズ(GM)の乗用車のブランド。略称は「シェビー」。由来は「シボレー」が英語圏の人には発音し難いため。

写真は「C6コルベットZ06」。アメリカン・モータースポーツの象徴としてシボレーのスポーツブランド・イメージを確固たるものとして印象づけている一台。価格や希少性だけを考えると「スーパーカー」には及ばないが、性能は第1級のスーパーカーにも劣らない。ダッジ・バイパーとともに「スーパーカー」か「スーパーカー」でないか意見の分かれる位置にいる。管理人ごひいきのため掲載しました^^;
Z06.jpgZ06リヤ.jpgZ06イン.jpg

エンジン:V8 7.0L OHV 511ps 64.9kgm
全長:4465mm
全幅:1935mm
全高:1250mm
車両重量:1440kg
価格は985万円(2008年モデル新車)

Corvette Z06




【携帯メルマガ成功術】携帯メルマガで先行者になりながらザクザクに稼ぐマニュアル★『850名+31時間=47万円』の方程式を解きます!

>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:アウディ

ドイツの自動車メーカー。1964年以降、フォルクスワーゲングループ。1980年代には四輪駆動システム「クワトロ」を開発、WRCで大きな成功を収め、アウディの名を全国に知らしめた。

写真は「R8」。ボディはほとんど手作業で作られ、さらにX線でミクロン単位まで溶接部をチェックするなど、細部にわたってこだわっているため1日わずか20台ペースで生産される。R8もスーパーカーかどうか意見の分かれるところである。
30-24.jpg30-19.jpgアウディ.jpg

エンジン:4.2L V8 DOHC 420ps 43.9kgm
全長:4431mm
全幅:1904mm
全高:1249mm
車両重量:1630kg
価格は1670万円(新車)

Audi R8




従来のトレードシステムの弱点を克服した驚異のスーパートレードシステム→Super FX SYSTEM


>>上の商材のレビューはこちら<<
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:デ・トマソ

イタリア、デ・トマソ社の創立者は、アレッサンドロ・デ・トマソ。
レーサーだった彼は大富豪の娘と結婚することで彼女の出資で起業した「デ・トマソ・アウトモビリ」という会社が始まり。彼女はGM社の創立メンバーの孫娘ということもあり、そのつながりでボディなどデザインはイタリア、エンジンはフォードV8というユニークなプロジェクトのもとで「パンテーラ」が生まれた。

写真は「ヌォーバ・パンテーラ」。Nuova(新)と名付けられたこのモデルは、デ・トマソ創立30周年を記念して、1990年にトリノ・ショーで発表された。デザインは、ミウラやカウンタックを手掛けた鬼才マルチェロ・ガンディーニが担当。
Gandini.01-00.jpgGandini.03-04.jpgデトマソ.jpg

エンジン:フォード製V8 OHV 5.0L 248ps 41.5kgm
全長:4365mm
全幅:1980mm
全高:1100mm
車両重量:1420kg
価格:1880万円(1990年発表時)

Pantera Nuova


Pantera


Pantera GT5 sound


posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:SSC

SSCはShelby Super Cars社の略。

写真は「アルティメットエアロ」。2007年9月13日時点で市販k車最高速のスーパーカー。世界記録への挑戦は同社の本社がある米ワシントン州にある閉鎖された道路を使って試みられ、1回目の走行では時速414.31キロ、2回目の走行では時速410.24キロを記録し、この2回の最高速度の平均値が公式世界記録としてギネスに登録された。

これまでの市販車の公式最高速度記録はスウェーデンの自動車メーカーが生産しているケーニグセグCCRが記録した時速395キロだった(非公式の最速記録はブガッティ・ヴェイロンの時速407キロ)。
img_56.jpgimg_85.jpgimg_67.jpg

エンジン:6.4L V8 1183ps 151.3kgm
全長:4475mm
全幅:2100mm
全高:1092mm
車両重量:1250kg
価格:米国における販売価格はおおよそ65万ドル(約7500万円)

SSC Ultimate Aero


SSC Ultimate Aero
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

スーパーカー:ケーニグセグ

「ケーニグセグ」はスウェーデンに本社を置くスポーツカー製造メーカー。1994年、スウェーデン政府の協力の元、世界レベルのスーパーカーを造るプロジェクトがスタート。1997年にプロトタイプを初公開して以降、年を追うごとに熟成が進められ、2002年には「CC8S」という名の市販モデルを販売するに至る。当時の反響は決して大きなものではありませんでしたが、専門家やスーパーカーのファンからは非常に高い評価を受けている。

写真は「CCX」。「ケーニグセグ」の名が世界中に知れわたるきっかけとなったのが、「CCR」で「マクラーレンF1」の当時の市販車最高速の記録を破った時。その「CCR」の後継モデルとして誕生したのが「CCX」。
ccx_1.jpgccx_3.jpgccx_5.jpg

エンジン:4.7L V8 DOHC ツインスーパーチャージャー 806ps 93.8kgm
全長:4293mm
全幅:1996mm
全高:1120mm
車両重量:1180kg
価格:38万5000ユーロ(円換算で約6500万円)。

Koenigsegg CCX
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。