スーパーカー:フェラーリ・ケーニッヒ

フェラーリは知らない人はいないくらい有名なスーパーカーメーカー。スーパーカーと言えばフェラーリ、フェラーリと言えばスーパーカーというくらいイメージは強い。
エンツォ・フェラーリが設立したイタリアの自動車会社、及びF1のコンストラクター。フィアットグループの傘下。基本的に高級GTカー及び高級スポーツカーしか製造していない。


写真は「エンツォ・フェラーリ」。創業55周年を記念して製造、販売したスーパーカーである。創始者の名前をとって「エンツォ・フェラーリ」と名づけられた。限定399台。
fb4.jpgq_020909ap08b.jpgエンツォ.jpg

エンジン:6.0L V12 660ps 67kgm
全長:4702mm
全幅:2023mm
全高:1147mm
車両重量:1365kg
相場は1億円〜。

Ferrari Enzo



写真は「F50」。フェラーリF40の後継車種であり、1995年に創設50周年を記念して発売された。開発コンセプトは「公道を走るF1」。カーボンコンポジット製のセンターモノコックにエンジンをストレスマウント化(剛結・ボディへ直にボルト止め)し、F1マシンそのままの高剛性な車体構成を公道を走る車として初めて採用した、まさにF1マシンそのものである。349台が生産された。
F50.bmpCIMG4954.jpgF50インテリア.jpg

エンジン:4.7L V12 DOHC 520ps 48.0kgm
全長:4480mm
全幅:1986mm
全高:1120mm
車両重量:1230kg
価格:新車で5000万円だが、現在中古でも5000万円以上で取引されている。

Ferrari F50



写真は「F40」。創業40周年を記念モデル。発表当時、世界的な好景気の影響から各国のフェラーリ正規代理店にオーダーが殺到する異例の事態となり、日本では当時バブル経済の真っ只中にあったためプレミアが付き、一時は2億5千万円で取引されたこともあった。このように異常に高い価格で取引されたことから、走る不動産とも呼ばれた。
当初製造予定は350台ないし400台であったが、フェラーリ社は殺到するオーダーを鑑み急遽増産することで対応。結局1992年の生産終了までに1311台が生産された。フェラーリの中でもっとも人気のあるスーパーカー。
F40.bmp無題.bmpF40インテリア.gif

エンジン:V8ツインターボ 2936cc 478ps 58.8kgm
全長:4430mm
全幅:1980mm
全高:1130mm
車両重量:1230kg
価格:4650万円(新車当時)中古車市場は約3500万円〜。

Ferrari F40



「ケーニッヒ(Koenig Specials)」は、1974年にウィリー・ケーニッヒによって創業されたドイツに本部を置く車のチューニングメーカー。 チューニングするメーカーは主にBMW、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ランボルギーニである。 チューニングだけでなく、内外装のドレスアップも手掛ける。 ケーニッヒ仕様の特徴はブリスターフェンダー等による迫力のあるフェイスアングルで、レースの世界でも高い評価を得ている。

写真はテスタロッサベース「コンペティション(闘争)」。テスタロッサベースは84年〜92年までに「TwinTurbo 710ps」「Competition 800〜1,000ps」「Competition Evolution 1,000〜1,200ps」「コンパーチブル」が発表された。
KOENIG Competition.bmpKOENIG Competition rear.bmpKOENIG Competition in.bmp

エンジン:水平対向12気筒DOHC48バルブ ツインターボ+スーパーチャージャー 4942cc 1,000ps 102.0kgm
全長:4532mm
全幅:2160mm
全高:1140mm
車両重量:1200kg(レーシングバージョン:推定値)
価格:2500万〜(中古車市場)※バブル期は1億円以上

KOENIG Competition Evolution




200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX


付属のツールに、ある値を入力すると、次週に取引すべき通貨ペアおよび通貨量が瞬時にわかります。

そこに裁量の入る余地はありません。

極端なことを言えば、1週間に1度成り行きで買うための作業を行うだけです。10秒もかからないでしょう。

テクニカル分析などなど、難しいことは一切ほんとうにありません。

お取引は日曜日の夜に5分間くらい、付属のエクセルシートにデータを更新して準備。

月曜日の朝一で取引依頼をかけて、あとは1週間ほったらかし、
という商材です。

セールスレターも、他のFX商材作成者への挑戦状のようなところがあって、信頼感を高めています。FXのシステムトレード方法なんですが、相場に張り付く必要もシグナルを待ち続ける必要もありません。

複利で運用していけば、本当にタイトルどおりの資産を築くことも可能なのではないかと思います。

莫大な負債を負った作者が、2年5か月の間検証を繰り返して出来上がったマニュアルだけに、現在の経済情勢なら、当分の間稼ぐことができると思います。
posted by ふぁりいな at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。